診療について

小児科クリニックは、こどもの心身にかかわる色々な問題の窓口となります。感染症、アレルギー疾患、皮膚疾患、免疫疾患、夜尿症、成長・発達の遅れなども含めいろいろな疾患に対応しています。ご家庭で困っても、受診後には安心して帰れるクリニックを目指しています。

そのために、丁寧に経過を聞き、正しい診断、適切な処置・投薬など正しい医療の提供し、親御さんの立場に沿ったアドバイスを行います。抗菌薬や風邪薬の処方は最小限に努めていますので、もしかすると他の病院よりも少なく思うかもしれません。薬はご家庭での使い方を誤ると十分な効果が出ないこともあります。自宅での対応の仕方など実践的なアドバイスに力を入れています。

入院や高度な検査が必要な場合や、他の診療科(整形外科、皮膚科、眼科、泌尿器科など)の診療が必要な場合には地域の基幹病院(大和市立病院、藤沢市民病院、聖マリアンナ横浜市西部病院、国立横浜医療センターなど)へ紹介いたします。また疾患によっては専門病院(県立こども医療センターや大学病院など)へ直接紹介することもあります。

一般診療

一般診療の受付時間は、月・火・木・金曜日の午前9時~12時と午後3時~6時、土曜日の午前9時~12時です。

直接ご来院いただくこともできますが、事前に予約画面で予約をすると待ち時間が少なく済みます。一般診療の時間帯で、予防接種も行っています。

予防接種

予防接種は予約制です。インターネットの予約画面または窓口で受け付けます。

予防接種外来は感染予防のため平日の午後2~3時とします。受付終了は午後2時45分です。その時間帯に来られない方には一般診療の時間帯にも接種しますが、感染リスクを下げるため別の部屋で行います。

定期予防接種(ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、B型肝炎、麻疹・風疹(MR)、水ぼうそう、日本脳炎、二種混合(DT)、子宮頸がん予防ワクチン)の対象者は大和市在住の方ですが、随時対象地域を広げていきます。

任意予防接種(ロタ、おたふくかぜ、インフルエンザ、髄膜炎菌、A型肝炎)は、居住地にかかわらず接種します。

当院ではワクチンの同時接種を積極的に推奨しています。一回の接種本数や種類の組み合わせに制限はありません。海外では昔から同時接種を行ってきました。日本小児科学会のワクチン同時接種に対する考えはこちらのwebsiteでご覧いただけます。

希望される方には一本ずつの接種も対応いたしますのでお知らせください。

予防接種の参考資料

Know VPD!

ワクチンで防げる病気の事や、標準的なスケジュールなど、ワクチンの情報がたくさんあります

キョウノワクチン・シリーズ

これから受ける予防接種の説明です。病気の説明、ワクチンの効果、接種後に気を付ける事などが書いてありますので、事前によく読んでおくことをお勧めします。疑問点は来院時にお尋ねください。

Vaccine Screening Questionnaire for non-Japanese

がいこくごでの、ワクチンの、もんしんひょうは、クリニックにありますが、ここからも、ダウンロードできます。

アレルギー

アトピー性皮膚炎

 

乾燥してガサガサした皮膚から入り込んだ色々なアレルギー物質を体が排除しようとして赤く腫れたりするのがアトピー性皮膚炎です。乾燥するだけでも痒くなるのに、赤く腫れるともっと痒くなり、指でかきむしるとさらに皮膚のバリアは壊れて、アレルギー物質がさらに入り込みやすく、悪循環になりなかなか治りません。ステロイドなどで腫れを抑え、しっかり洗って保湿をしっかり行うスキンケアを続ける事で治していきます。

食物アレルギー

 

こどもは色々な食物から栄養を取って大きくなりますが、体が食物への対応を間違えアレルギー反応を起こすことがあります。食物制限は本人にとっても家族にとっても苦痛で大変な事です。当院では詳しい問診に基づく正しい診断で、食物制限は必要最小限に留めます。多くの場合は安全な範囲で少量ずつ接種することで食べられるようになります。

気管支喘息

気管支喘息は気管支の細い所の、粘膜が腫れて、痰が増えて、筋肉が収縮して空気の通り道が細くなり息が苦しくなります。細い所を無理やり息が通るのでヒューヒューと隙間風の音がして周りの人も発作とわかります。喘息の人は普段から粘膜が赤く腫れ過敏になっているため、苦手なアレルギー物質が入り込んだり、風邪を引いたり、たばこの煙のなど様々な誘因で発作的に収縮します。苦しいと感じなくても気道粘膜は腫れて過敏な状態が続いていますので、誘因を避け発作止めの薬と予防の薬を上手に使って、発作が起きないようにしましょう。

乳幼児健診

乳幼児健康診断は予約制です。平日の午後2時から3時です。受付終了は午後2時半です。インターネットの予約画面または窓口で受け付けます。

対象者は大和市在住の8ヶ月児(8~10ヶ月)と1歳6ヶ月児(1歳6ヶ月~1歳8ヶ月)ですが、随時対象地域を広げていきます。

大和市の子育て支援サポート情報

チャイルドケア

こどもの送迎や、一時預かりなどの支援を行っている団体です。

大和市 こども部 すくすく子育て課 母子保健担当

育児相談開催予定や、育児支援や離乳食の相談などの利用できる情報があります。

大和市 子育て支援センター

子育て相談や情報収集の場です。